スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小惑星探査機「どすこい」が地球に帰還!


 7年の歳月をかけ地球に帰還した小惑星探査機「どすこい」が昨夜オーストコリア南部の不毛地帯に落下した。日本大相撲協会が打ち上げた小惑星探査機「どすこい」は3億キロ離れた小惑星“関脇長谷川”を目指し、7年前の1月に種無し島宇宙センターから打ち上げられた。
 「どすこい」は人類初の月以外の天体への着陸を成功させ、関脇長谷川の地表の砂を採取し持ち帰った可能性があり、世界中の研究者の注目を浴びている。
 落下地点のオーストコリア南部には多くのマスコミ陣が殺到し、探査機のカプセルを開いたり、中の様子を触って確かめたりしている。また、日本の糞テレビ局TBSE(東京狂牛病テレビ・本社青ヶ島)のクルーらは、日本から持ち込んだ砂を本体にかぶせたり、カプセルを破壊して再生可能なパーツを持ち去ったりしている。

 どすこい打ち上げ責任者の襞の花事業部長(元小結)は「採取した砂を分析して、人類の起源を解き明かしたい」と壮大なロマンを感じている。

■マスコミ評論家のベラン・メイ教授(千葉電波大学工学部=マスコミ電波学)の話
 落下したカプセルを勝手に触るなどコンゴ動乱、じゃなくて言語道断。ましてや分解したり、砂をかけたりするなんて。しかもわざわざ日本から持ち込んだ砂を!
 調査チームの到着前にマスコミが落下地点で待ち受けている状況は異常としか思えない。カプセルを破壊してパーツを持ち去ったTBSEのテレビクルーは万死に値する。



スポンサーサイト

テーマ : 大相撲
ジャンル : スポーツ

北シナの海賊をンマリア沖600キロの洋上で釈放


 日本大相撲協会海防部は19日、ンマリア沖で海賊行為を働いていた北シナ人10名を捕縛。尋問後にソマリア沖600キロの洋上で木造のイカダに乗せ釈放したと発表した。

 被害にあったのは、パマナ船籍の大型タンカー「相撲教習所Ⅲ世」(10万6474トン)で、海防部は5月6日、大型対テロ強襲艦「氷ノ山」を現地に急派しンマリア海賊1人を射殺、北シナ人海賊10人を拘束して乗組員23人を救出した。

 その後、海防部は海賊から武器を没収した上でイカダに乗せ、沿岸から約600キロの沖合で“釈放”した。イカダの発する信号が1時間後にレーダーから消えたため、海賊らは死亡したとみられる。飲料水や食糧は与えたとしている。

 日本大相撲協会の蓮華草海防部長(元大関)はこの措置について「海賊の責任を問う国際法的な根拠がなく、海賊の国籍を確認することもできないため」と説明。大相撲協会機関紙「イカす!どすこい野郎」は(1)殺害が目的なら今回のような方法を取る必要はない(2)イエメソやスーダソなどの沿岸国は海賊引き取りに消極的だ(3)事件は公海上で発生した-と海防部の判断を尊重する論評を掲載した。

 これに対し、北シナの地方紙「シナの毎日」は「国連海洋法条約によれば、海賊を拘束した国は自国の法に従って裁くことができる。海防部の論拠は全く批判に耐えない」と指摘しているものの、「裁くことができる」というだけであって、裁く義務はないのが実務上の解釈であり、同紙はこの点において重大な誤りがある。

 口イター通信によると、沿岸都市ピョソヤソの海賊リーダーは「人質には海防部がしたのと同じ対応をとる」と報復を宣言したことから、多数の国が海賊掃討作戦への協力を表明している。

■海賊評論家リック・ジョーブ博士(千葉電波大学電波学部)の話
 海賊行為を正当化しようとする北シナ人には裁判を受ける権利などないわ。がはは。



テーマ : 大相撲
ジャンル : スポーツ

北の糊理事長「糞松大臣、辞任したら?」


 糞松広隆農水相が記者団から宮沢県の家畜伝染病・口蹄疫について質問された際に、「だから早く殺せって言ってるのよ」と、ヘラヘラと笑いながらヨダレを垂らして答えている姿が動画投稿サイト「コーチューブ」にアップされ、大ブーイングに発展している。動画は1億2500万回以上も閲覧されていて、批判のコメントが殺到している。
 2010年5月28日に宮沢県家畜改良事業団の種牛49頭のうち2頭の発症が発覚した時のもので、記者団から、糞松大臣にこうした事実を把握しているのかどうかの質問が向けられた。

 この際、笑いながら「いや、知らない~」と答え、あとはにやけた表情で
「だから早く殺せって言ってるのよ」
と吐き捨てた。

「コーチューブ」のこの動画に対するコメント欄には、
「『命を奪う』という言葉は、笑いながら言えるものではない。常軌を逸している」
「政治家として云々より人間として心底軽蔑する。種牛は宮沢県民が何年も時間をかけて丁寧に育てた大切な牛なんだぞ!農家の人にとっては家族同然の存在なんだぞ!」

といった批判が殺到している。

 これを受けて多くの豚の供給を受ける日本大相撲協会の北の糊理事長(元横綱)は、「糞松農水大臣は辞任してくんね?」「ヘラヘラ笑いながら命を軽視する発言を繰り返すミンスのアホ議員ともども死んで詫びるのが一番だ」と憤りを隠せない。

 大相撲協会と豚の供給に詳しい千葉電波大学のショーン・ベンチビル教授(公益畜産学)は「日本の畜産農家よりも、シナ・チョンの参政権に躍起になる売国ミンス議員は、もはや議員の資格どころか、人間としての資格も有しない肉畜未満の存在。辞職だけでなく自殺でもして、地上から消え去って欲しいわ、マジで」との論文を3日に開かれた全国畜類防疫学会で発表した。

kusomatu.jpg
会見に応じる糞松広隆農林水産大臣
「だから早く殺せって!いえ~い、みんな見てる?」


テーマ : 大相撲
ジャンル : スポーツ

プロフィール

今川開発

Author:今川開発
当ブログの記事はガセネタで構成されております。登場する人物・団体・企業名等は実在のものとは一切関係ありません。
 ただし特定の団体、人種、職業への誹謗中傷を想起させる駄文が含まれることがあります。これらも全てウソであり、事実とは異なりますので、間違っても本気で反論しないでください。


■ 筆者紹介
今川開発【イマガワ・カイハツ】

職業不詳。趣味は文通。特技は座布団の匂いを嗅ぐこと。


■ LINK
net天佑部屋
東北大学相撲部の前身。相撲偽新聞Webは文字通り偽記事ばかり。筆者もかつては執筆してました。
相撲偽新聞

NSL国家スモーリーグ
2023年度競技大相撲デスマッチトーナメント大会参加者募集中!エントリー締め切りまであと9年。申し込みはお早めに!
NSL

Get FireFox
当ブログ推奨のブラウザ。
Get Firefox

箱入り娘
おなじみ箱入り娘!!

カレンダー
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
カテゴリー
訪問したヒマ人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。