FC2ブログ

大相撲バイオ研究所が発見「新型コロナウイルスは夜行性」

 大相撲バイオ研究所(北斗光所長)の昨日嵐特任研究員らのグループが、新型コロナウイルスは夜行性であることを突き止めた。昨日嵐さんらは、ウイルスの感染者に特徴があることに気づき、世界中の感染者32,000人あまりを分析したところ、大半が夜の街関係者だったことから、ウイルスは夜行性であり、夜になると活性化し、次々と感染を引き起こすのではとの仮説を立てた。
 さらに昨日嵐さんらは、感染していない健康なタニマチや弟子ら5000人を被験者として、夜の街に繰り出してもらい、実際に感染するかどうか観察したところ、キャバクラで82%、ソープランドで71%、メイド喫茶でも45%の被験者が感染し、うち4名が死亡したという。

 昨日嵐さんは「夜の街で濃厚接触をさらに繰り返した結果、残る非感染者もほぼ全員が感染して帰ってきた。ウイルスが夜行性なのは間違いない」と自信満々で話している。

 束京都の少池知事は「夜の街は危険だ。夜遊び歩く人はくれぐれも注意して感染を予防してほしい。サングラス、マスクだけでなく、防護服や鉛のブーツを着用するなど完全防備で遊び歩くようお願いしたい」とコメントした。

■夜遊びにやたら詳しいフンバルト=ヘーデル千葉電波大学教授(計画土俵学)の話
 昼の街は安全だよ、社畜諸君。3密状態で満員電車に乗っても感染はしないからね。

スポンサーサイト



大相連最高裁大法廷 「歩きスマホする権利は基本的人権のひとつ」と判断

 大相撲連邦最高裁判所大法廷(琴虱裁判長)は16日、歩きスマホをする権利は基本的人権の一つであると判示し、歩きスマホ中に交通事故に遭い上半身不随になった原告女性(27)の請求を認め、国と大相撲協会に対し10万円の賠償を命じる高裁判決を支持した。

 訴状によると、女性は2018年2月に都内の見通しの悪い交差点でスマートフォンを操作しながら赤信号を横断し、右から来た相撲公務員の運転する力士護送車に轢かれ重傷を負った。現場には横断歩道や歩道橋もあり、また指定場所以外横断禁止の標識も出ていたほか、周辺は渋滞のため力士護送車は時速10キロ程度で徐行中だった。

 女性は、「事故に遭ったのは、歩きスマホをする歩行者に対して安全確保を講じていない国と、注意義務を怠った相撲公務員の責任である」として、総額3億5千万円の損害賠償を求めて両国地方裁判所に訴えを起こした。

 1審の両国地裁は「歩きスマホは基本的人権の一つであり、我が国の憲法の趣旨に照らせば、国の施策は歩きスマホをするユーザーへの安全配慮に欠けていると言わざるを得ず、その責めは免れない」として3万円の賠償を命じる判決を出した。なお、相撲公務員の責任は否定した。

 女性はこれを不服として控訴。続く北関東高等裁判所も「歩きスマホは憲法上も認められた人権として尊重に値するが、国の交通政策は歩きスマホユーザーを軽視し、重大な過失があったと言わざるを得ない。また相撲公務員は、歩きスマホユーザーの飛び出し横断を予期すべきであり、安全注意義務違反にあたる」として合わせて10万円の賠償を命じる判決を出した。

 女性の代理人は「歩きスマホは基本的人権のひとつであり、国の不作為や相撲公務員の行為は重大な人権侵害行為に当たる。これからも歩きスマホを奨励し、人権意識高揚を狙っていきたい」とのコメントは出した。なお、女性は上半身不随のため、コメントできなかった。

■歩きスマホにやたら詳しいショーン・ベンチビル教授(千葉電波大学・公共不快学)の話
 さすが女さん。バカだわ~。


引退した元大関琴賞菊の元妻が占い師に転身!!


 大相撲の元大関で先日引退を表明した琴賞菊(現・伊勢の島親方)の元妻(33)がマスコミ各社に送ったFAXによると、占い師の養成学校を卒業し占い師として開業することがわかった。
 元妻は琴賞菊が大関から陥落した直後の3月11日に離婚し、占い師養成学校に入学。3日間の基礎講習を受講した後、特殊占い師1級免状を取得したという。その後であった青年実業家のA氏と運命の出会いを果たし、A氏の出資により両国国技館のすぐ近くで占いの館「元祖両国の母」を新装オープンすることとなった。

 元妻の華麗なる転進について伊勢の島親方は「し、知らないよ、オレ‥。もうほっといてくれよぉ‥」と言葉少なだった。

 角界では離婚した元おかみさんや力士の元妻らが、占い師に転進する例が後を絶たず、元関脇竹の国の元妻「西新橋の母」や元幕内の栃蝗山の元妻「越中島の母」、元小結青葉川の元妻「新大塚の母」など「~の母」を名乗る例が多く、すでに100人を超える占い師が誕生している。

 大相撲連合の北の星理事長は「オレも昔、浅草橋の母に四股名を決めてもらったわ」とつぶやくと足早に雑踏へと消えていった。

■占い師開業問題にやたら詳しいナマ・ポウマー助教(つばく国際大学日本語日常会話(^^)学部)の話
 打線組んだったww

左 京橋筋の母 
遊 新木場東口の母 
二 家元虎ノ門の母 
三 宗家新宿の母 
中 本家銀座の母 
捕 南池袋の母 
一 北品川の母 
右 新蒲田の母 
投 続・東小金井の母 


元相撲部学生が奨学金地獄について激白!

 都内のマンションに暮らす無職男性Q(24)は、学生相撲の名門P大学に在学していた。学生時代には奨学金を受けて豊かな生活していた。が、卒業後にその華やかな生活は暗転。大きく膨らんだ返還額を目の前に茫然自失だったという。奨学金返還の実態についてありのままを本紙編集人に激白した。

編集人「Qさんは、学生時代に相撲部に所属していたそうですね」
無職Q「はい、相撲部に入るとタダでちゃんこが試食できると聞いて」
編集人「毎日のけいこは辛くなかったですか?」
無職Q「ええ、辛くないですよ。幽霊部員だったんで」
編集人「・・・。ところで在学中は奨学金を受けながら勉学に励んでいたそうですね」
無職Q「はい、うちは家計が苦しくて奨学金がないと進学も入門もできない状況でした」
編集人「家庭状況は?」
無職Q「親父はアル中のパチプロで、定職にもつかず毎日パチンコ三昧でした。収支はまずまずで月に40~50万くらいは稼いでいたようです。ただ家にお金を入れることはなく、外食やギャンブル、酒にすべて消えていたようです。また、おふくろは専業主婦で、高校を中退して就職もせずブラブラしていたそうで、プロの家事手伝いとして苦労が耐えなかったようです。手に職がないので働いたことすらありません。いまは生活保護で月に39万円の扶助を受けていますが、生活は苦しく、食費は外食中心で10万円、光熱費とネット代で4万円、ケータイ料金5万円、ゲームアプリ課金が2万円、ショッピングクレジットの請求が5万円、趣味のパチンコ6万円、被服費7万円を払うと手元に何も残りません」
編集人「ずいぶん裕福なようにも見えますけど・・・」
無職Q「そんなことないです。うちは健康保険料、年金保険料、住民税、所得税はすべて非課税ですし、医療費も市バス運賃もNHK受信料すらすべて免除なので、ホント苦しいんですわ」
編集人「奨学金は毎月いくら受給していたんですか」
無職Q「利息のつかない第1種で13万円ですが、それだけでは足りないので利息のつく第2種を15万円受給していました」
編集人「月々28万円の奨学金ですか?」
無職Q「ええ、それぐらいないと満足な学生生活を送れないんです」
編集人「満足な学生生活とは?」
無職Q「偏食なんで学生食堂は行きません。ファストフードメインの外食オンリーなので食費を11万円に抑えていました。スマホの最新機種が欲しいんで年に何回も機種変してました。年間35万円くらい?あとはゲームアプリ課金で毎月3万円、パチンコに5万円、車とバイクが好きなんで、ローンとガソリン代に9万円使ってました。貯金はできなかったですね」
編集人「な、なるほど・・」
無職Q「いま、こうして社会に出て、奨学金の返還を迫られていますけど、正直返せそうにないです」
編集人「社会に出て・・・って、無職ですよね・・・?で、返還総額はいくらですか」
無職Q「月額28万の奨学金を在学中5年間ずっと受け取っていましたので、元本だけでトータルで1680万円になります。それに利息がついて1800万円です」
編集人「せ、1800万円!!」
無職Q「ね?無理ですよね?返せないって思いますよね!」
編集人「5年間で受け取った1800万円はどこに消えたんですか?」
無職Q「ぶっちゃけ遊興費ですけど、何か?」


JASRAKが力士の鼻歌にも著作権使用料を請求する事象が発生!


 大相撲連合協会は、定例に会議でJASRAK(日本音楽著作権力協会)が風呂場で鼻歌を歌う力士に対し著作権使用料を請求する事情が発生したことを報告した。

 協会幹部によると、11日の取り組み後に部屋に戻った十両の栃胡桃(群馬県出身・みのちく部屋)に対し、JASRAKの職員を名乗る男性から「さっき、国技館の風呂で歌っていた鼻歌は著作権使用料が発生するから、今すぐ支払ってほしい」と携帯電話に連絡があった。栃胡桃は「確かに風呂場で鼻歌を歌っていたが、あれは場所後に表敬訪問する予定の出身小学校の校歌だ。そんなものに著作権使用料が発生するとは思えないが?」「何故風呂場で歌っていたことを知っているのか」「徴収した使用料はどこへ消えるのか」と立て続けに質問したところ、相手は無言で切ったという。

 JASRAKをめぐっては、著作権使用料の発生しない童謡や校歌、応援歌などに対し使用料を要求する行為や、鼻歌、口笛などにも使用料を支払うよう求めるケースが続発しており、今回の一件も一連の悪質行為の一部と見られており、大相撲連合協会は力士に対し鼻歌や口笛には十分気をつけるよう通達を出して注意喚起している。

■JASRAK問題にやたら詳しいケーツ・ゲムシル茨城革命大学統計学部教授(土俵サロン学)の話
 風呂場を覗いていたとしか思えない事象が発生している。JASRAKの言いがかりは暴カニ団と同じレベルだ。

醜聞親方が続々出馬?王立相撲議会選挙に出馬!


 来月30日に公示される王立相撲議会議員選挙(相撲選挙)に、出馬を予定している親方にスキャンダルが噴出している。
 神奈川選挙区から立候補を予定している立田海親方は、30年前の養成員時代に女性用下着を盗んだ男として逮捕されていたことが6日発売の週刊攵春にスクープされたほか、比例四国ブロックから出馬を検討している虹の島親方は、入門前に民家に押し入り一家4人を惨殺したうえ現金3万円を奪い、火を放って逃走したとして、強盗殺人および放火の容疑で逮捕され懲役35年の判決を受け、須走刑務所に28年間収監されていたことが日刊ゲンダノ紙上で明らかになった。

 有権者からは、相撲議員の資質の根幹に関わる問題として、立候補に異論を唱える声が出ているが、大相撲協会で本人からの事情聴取をした結果、立田海親方については「魔が差しただけ」として問題視しない方針を固めたほか、虹が島親方についても「昔やんちゃしてただけ」として過去の罪は問わないこととし、出馬には問題ないと判断している。

■議員の資質にやたら詳しいカール・クイナス教授(帝王技術大学土木学部)の話
 魔が差した、やんちゃしてたと言い訳すれば何でも許される世界。それが公務員・・・じゃなかった土俵の世界。最高だね、うん。

【訃報】元小結時天空の間垣親方が悪性リンパ腫で死去37歳

日本相撲協会は31日、元小結時天空の間垣親方(本名・時天空慶晃=ときてんくう・よしあき)が同日午前1時12分に悪性リンパ腫のため東京都内の病院で死去したと発表した。37歳だった。

【写真】引退会見で涙を流す元小結時天空の間垣親方

 間垣親方は現役だった2016年1月に悪性リンパ腫の治療で入院していることを公表。15年7月ごろから右脇腹に痛みが発生し、同10月から抗がん剤治療に取り組んでいた。土俵への復帰を目指していたが、5場所連続全休の末、36歳だった16年8月に引退を発表し、年寄「間垣」を襲名した。

 引退会見時には抗がん剤治療を終え、腫瘍が小さくなったことを明言。時津風部屋の部屋付き親方として「若い人を指導しながら、ともに成長したい」と今後について話していた。その後は親方の業務をこなしていたが、昨年11月の九州場所から休場し、治療に専念していた。

 部屋の力士には30日夕方に病状の悪化が伝えられていた。遺体は31日午前3時ごろ、東京・墨田区の時津風部屋に戻った。

 通夜は2月6日午後5時、告別式は同7日午前11時半から、いずれも東京・墨田区の回向院念仏堂で営まれる。喪主は父ジグメド・アルタンガダスさん。

ソース

--

残念です・・。(今川開発)

教え子に体罰で全治6ヶ月の重傷 相撲公務員を懲戒処分


 相撲連盟は16日、2004年頃相撲学校で教え子に体罰を加え、鼻骨骨折など全治6ヶ月の大けがを負わせていた相撲公務員の栃の蛇親方(さぬき県出身)を停職3日間の懲戒処分としたことを発表した。
 相撲連盟の六角理事長(元十両南勝海)は、「事案の重大性を鑑み、しぶしぶ公表し、懲戒処分をくだした。まあ、とりあえず再発防止を目指したい」と話すと、暗がりへ消えた。

 体罰を巡っては、教育公務員が児童生徒に暴行するなどしてけがを負わせる事案が全国で多発しているが、刑事事件をとして扱われたことは一度もない。
 一般に、児童生徒に関わらず他人に暴行した場合、刑事事件として逮捕もしくは送検されるのが常識であるにもかかわらず、教育公務員、相撲公務員に限っては、暴行ではなく体罰と称して安易に処理するケースが跡を絶たない。専門家の間からも「一般人が学童生徒に痴漢やわいせつ行為をすれば直ちに逮捕されるのに、わいせつ教員が学校内で児童生徒を暴行しても一切罪に問われないのはなぜか。学校敷地外に一歩でも出れば刑法犯罪と認められるのだろうか?」と疑問の声が上がっている。

■体罰にやたら詳しいキョンドム保健衛生大学のチン・ホーケー専任講師の話
 学校敷地内だろうが、教員だろうが、他人をケガさせれば問答無用で刑事処罰すればよろしい。そもそも立場の弱い子どもに暴力を働く時点で人間として恥の極み。死んで詫びるしかないわ。

大相撲動物園でライオンにかまれ重傷


 今月10日、大相撲動物園(千葉県習わし野市)で飼育しているライオンを洗っていた力士ら3名が相次いでかまれ、全治3ヶ月の大けがをしていたことが分かった。
 力士らは北の嵐園長から「ライオンを水で洗って」と言われ、飼育担当の力士ら全員でくじを引き、外れた3名がライオンのおりに入ってホースで水をかけたところ、驚いたライオンが突如力士らを次々と襲い、3人がかまれたという。
 3人は命に別状はないものの、幕下12枚目の西之森は左腕を食いちぎられる大けがを負ったほか、三段目98枚目の栃荒木は両耳を失うなどの重傷を負った。

 事故を受けて、大相撲連盟は琴虱親方を委員長とする事故調査特命委員会を立ち上げ、早速調査に先立って都内のホテルで交流パーティーを開催した。(会費は12000円)

 警察の調べに対し北の嵐園長は「ライオンを水で洗ってと依頼はしたが、ネコ科の動物だから水洗いの際は十分に注意するよう伝えていた。外から水を浴びせればいいだけなのに、まさかおりの中に入って洗うなんて・・」と絶句していたという。

■ライオンにやたら詳しいキバルト・ウンデル准教授(千葉電波大学相撲学部=管理相撲学)の話
 おりの中に入るのは危険だと思わないのが不思議。自ら考えて行動・判断できない人たちなんだね、マヌケww

1億5千万円恐喝-「おごってもらった」と言うので犯罪ではない


 大相撲力士の男性が親方や行司から総額1億5千万円もの恐喝被害にあっていた事件で、調査に当たった大相撲教育会横浜臨時評議会は、「親方や行司が『おごってもらった』と言っているので、恐喝には当たらないと判断した」「おごりおごられの関係なので、犯罪としての認識はこれっぽっちもない」との結論に達した。なお審議時間は2分間だった。

 被害にあった力士男性は、師匠を始め、一門外の親方や行司など10名以上から連日のように恐喝を受け、その都度1万円~300万円もの現金を手渡すなどし、焼肉やカラオケ、ラスベガスカジノツアーなど費用を負担させられるなどしていた。力士男性は被害の事実を北の波理事長はじめ、教育会幹部や警察などにも相談していたが、聞き入れてもらえなかったという。

 横浜臨時評議会の評議員を務める横浜市教異苦委員会の岡田イ憂子教異苦長は「たった1億5千万円ぽっちでガタガタ言うんじゃねえよ。おごってもらったって言ってんじゃん。犯罪じゃねえし」とヒステリックに繰り返し、役立たず公務員の典型症状を示した。

うつけ大権現
岡田イ憂子教異苦長

■恐喝にやたら詳しいジャック・レイシャー教授(千葉電波大学電波学部=冷房学)の話
 どう見ても犯罪。恐喝事件。おごってもらった、といえば1億でも2億でも免罪になるなんて、さすが公務員クオリティ。うつけ者のご尊顔を拝してみたいわww

プロフィール

今川開発

Author:今川開発
当ブログの記事はガセネタで構成されております。登場する人物・団体・企業名等は実在のものとは一切関係ありません。
 ただし特定の団体、人種、職業への誹謗中傷を想起させる駄文が含まれることがあります。これらも全てガセであり、事実とは異なりますので、間違っても本気で反論しないでください。


■ 筆者紹介
今川開発【イマガワ・カイハツ】

職業不詳。趣味はiモード。特技はポケベル早打ち。差別と●鮮人が大嫌い。


■ LINK
net天佑部屋
東北大学相撲部の前身。相撲偽新聞Webは文字通り偽記事ばかり。筆者もかつては執筆してました。
相撲偽新聞

NSL国家スモーリーグ
2023年度競技大相撲デスマッチトーナメント大会参加者募集中!エントリー締め切りまであと3年。申し込みはお早めに!
NSL

Get FireFox
当ブログ推奨のブラウザ。
Get Firefox

カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
カテゴリー
訪問したヒマ人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる